CHECK

チームで使えるオリジナルバンダナがあれば一体感が生まれる

チームで使えるオリジナルバンダナがあれば一体感が生まれる

チームでオリジナルのバンダナやユニフォームを身に着けると一体感が生まれる背景として、同じ共有体験をするということが挙げられます。
共有体験は人と人とのつながりを作り、目標に向かって行動するような経験を与えるからです。
そうすると色々な価値観や刺激を受けることで相手のことをよく知ることができたり、感動を分かち合えるなどより親しくなるための要素が多くあります。
例えばスポーツのチームを応援する場合などは、同じデザインのユニフォームであったりバンダナをすることが多いのは応援することや同調性に起因するためです。
そうすることによって一体感が生まれて、勝てば一緒に喜び盛り上がることができます。
そして自分がそのスポーツの一員になって行動しているかのような感覚に至るため、一員という意味で「サポーター」と呼ぶケースがあるのはご存知のことかと思います。
飲食店などの店舗でも同じデザインを着用するのは、このような特性を生かしているからです。

バンダナをオリジナルデザインで製作する場合の単価の目安

バンダナはオリジナルデザインで製作してもらうことができますが、その場合に気になるのは1枚あたりの単価ではないでしょうか。
バンダナに限らず受注して生産するものについては、必ず単価というものがありますし、特に十数や数百といった単位で受発注するものは1枚あたりの価格が重要になってきます。
また発注数の大小によって価格が変わってくるのもポイントで、大量にまとめて一度に発注するほど安くなるのが普通です。
肝心のオリジナルバンダナですが、1枚あたり500円から1千円の範囲が1つの目安となります。
幅があるのは生地や仕上げによって価格が変わってくるからで、安さを追求すれば安い組み合わせを選び、発注数を増やせば500円を切ることもあり得ます。
バンダナの価格以外にも、別途デザイン料や送料が発生することもあるので、総額を確認してから発注を決めることが大切です。
数枚や10枚程度だと必然的に高くなってしまいますが、1枚あたりとりあえず1千円くらいの予算を設定すれば、受注してくれる業者を見つけることができるのではないでしょうか。

バンダナ,オリジナルに関する情報サイト
オリジナルバンダナのお役立ち情報

バンダナは、個性的な模様がほどこされた正方形の布ですがその使い方が良く分からないという人もいるかもしれません。
手ごろなサイズということもあり、スカーフのように首元や髪に巻くのにも役立ちます。
ちょっとしたものを包むのにも役立つのでバッグに入れておくと何かと便利です。
さらに、ハンカチのように汗や手をふくときにも活用できます。
しっかりとした生地で甘すぎないデザインということもあり、男性にも使いやすいアイテムになっています。

Search